「解いた問題数」よりも【解ける問題数】を増やす塾。

当塾で成績UPする理由

当塾で成績UPする理由

今でこそ成績UP続出の当塾ですが、
最初はなかなか結果を残せませんでした。
当塾の成績UPの理由、そこに至るまでの悪戦苦闘STORYです。
お時間ある時にどうぞ。

最初はどこにでもある普通の個別指導塾でした...

 当塾は、最初はどこにでもあるような「個別指導」であること以外、特に他塾と比べても特徴のない個別指導塾でした。
 そこにある生徒が入塾してきました。成績は・・・あまりよくありません。ただ、元気はよく、授業で説明すると、「わかった!」「OK!」「大丈夫!」とイイ返事が返ってきていたので、次の定期テストでは、今までよりもググっと点数UPするだろう、と予想しており、生徒本人も「今回(のテスト)はいけそう♪」と明るい見通しでいました。

 それから1週間後。学校のテスト結果が返却されたので見てみると、どの科目も全然上がってない、中には下がった科目もありました。
テスト問題をよく見ると、授業で解いた問題と非常に似た問題がいくつも出題されているのに答えは空欄やバツ。
 「この問題、授業でやってなかった!?」と生徒に聞くと、「やったことある!と思ったけど、どうやって解くのか考えてたら、時間が経ってて、思い浮かばんかったから次の問題に行った。」とのこと。

空回り

 あれほど授業で「大丈夫か?」「わかったか?」と何度も確認し、生徒も「わかった!」「できた!」「完璧!」と言っていたのに、テスト本番で解けてない現状。
 授業では相変わらず、先週教えた問題なのに解けない。授業中に「何か質問は?わからんトコない?」と聞くと「ない!大丈夫!」と頼もしい返事。。。
 それ以降もあの手この手でやってみましたが、コチラの試みは結局“空回り”に。生徒の意識も点数もほぼ変化ナシ。
決して安くない月謝を頂いているのに、生徒本人に何にも働きかけることのできない無力感と、期待に応えられない申し訳なさ。「これからどうやっていこうか。。」

気付いたこと

 悩む中で気づいたのは、
「生徒は説明を受けた時は本当に理解・納得している」こと
「数日後には理解した内容をすっかり忘れている」という事実。

 授業中の「わかった!」という言葉はウソではないけれど、数日後には「あれ?どうやるんやったっけ???」
 また、塾で使うどんなテキストも、ポイントの後に、そのポイントを使った問題演習が続くため、何にも考えなくても「このポイント・公式を使って解いたらいい!」と思いながら解くので、授業では解けるし、理解できる。「わかった!」という生徒の言葉はウソじゃない。

 でも、実際のテストでは、様々な問題がランダムに出題されるので、「この問題は、どのポイント・公式を使うのか?」を見抜けないと解けないし、正解しても時間ばかりが過ぎてしまい、時間内に実力を発揮できません。生徒達が塾での授業中だけでなく、定期テスト本番でも「解ける」ようにするためには、どうしたらいいか・・・(>_<;;

ついに解決策の発見!

・・・考えたら単純でした。塾でも、定期テスト本番と同じように「テスト範囲からランダムに出題」して、それが「解ける」まで何度も繰り返すこと。

 そうすれば、生徒が本当に解けるかどうか、「わかったつもり」になっていないか、を答案によって確認・チェックができます。

そこで、生徒に受けてもらうテストに必要な要素は、

・各中学校に合わせたテスト範囲を選ぶ
・生徒の目標点によって、難易度を選ぶ
・選んだ「範囲」「難易度」の中から、ランダムに問題を出題する

 こういった仕組みが必要でした。これは当塾のスタッフの力を借りて、試行錯誤の末、当塾オリジナルのシステムを構築することができました。他塾にはどこにもない個別クロスのオリジナルです。
 ランダムに出題するテストをすることで、「場所」や「順番」で覚えることもできなくなり、本当にアタマに入れていないと解けなくなるので、塾生達は必死に合格に向けて勉強しています。

 このテストの名前はサバイバルテスト。「サバイバル」=「生き残り」というほどの厳しさではありませんが「居残り」をかけた、生徒達にとっては”戦い”のようです。

 サバイバルテストに出題する問題は、塾生の在籍する学校の定期テスト問題はもちろん、全国各地の定期テスト問題を収集し、テスト頻出の問題ばかりを厳選したものなので、実際のテスト本番で、「塾で解いたのと、同じ問題が出た!」という声も毎回頂きます。

実際の定期テストの問題と、塾で出題した問題の一例です。
ほとんど同じ問題を、「自分の力で解けるまで」Tryするので成績UPを実現しています。

(以下は、サバイバルテストの詳細についての説明です。お時間のある時にご覧下さい。)

あえて立ちはだかる壁になる!

「覚える」「繰り返す」という学習の中で《一番重要》で、《一番苦しい》部分を、生徒に任せっきりにするのではなく、 「覚えないといけない環境」「越えないと生徒本人が困る“壁”」を用意して、自分の頭を使って壁を乗り越えてもらう。

 このテストは、平均点以下の生徒達をどうにかしよう!意識を変えてもらおう!と思って始めたものですが、来てくれている生徒全員に試してみると、意外にも中位層(平均点付近)や上位層(400点以上)の生徒でも合格できない生徒が最初は結構いました。その一番の理由は、「わかったつもり」と「見直し不足」の2つ。
 授業中に、「わかった!」「なるほど!」という言葉が出たとしても、1週間経ったら忘れていることがかなり多く、結果的に「わかったつもり」になっている生徒が多いこと多いこと(^-^;;
 テストする前は本人も、”大丈夫。解ける!”と思っているのですが、実際テストになると、「あれ!?何やったっけ?」なんてことも多く、サバイバルテストを受けて初めて「いかに自分がわかったつもりだったか」を実感できたようです。

合格するまで居残り!

 さらに、当塾の生徒全員に成績UPしてもらいたいので、「合格ラインを超えるまで居残り!」というルールを設けました。また、合格ラインも「1回目は80%→2回目は85%→3回目は90%・・・」と、再テストになるほど、合格ラインが上がる、というルールもあります。
 このルールで運用すると、「1回目で合格することが一番楽チン♪」ということを理解して実行した生徒から成績が上がっています。毎回、居残りする生徒は、なかなか成績は上がっていきません。

 塾でのテストを繰り返し、合格を積み重ねた生徒は、定期テスト本番でしっかりといい点数を取ってきます。特に、入塾直後の定期テストで急上昇する生徒が多く、今までの「解説・説明を聞いて終わりの勉強法」から当塾の「解けるかどうかをテストで確認する勉強法」に変わると、
「(テスト本番で)問題を見た瞬間に手が動いた。」
と言ってくれる生徒や
「『(テスト本番で)時間がなかった』と言わなかったのは初めてです。」
と話してくれる保護者もおり、「テストをする」だけでこれほど変わるのか、と思うこともしばしばです。

今までは問いません!大事なのはこれからです。

 当塾には入塾テストはありません。それは、「今までのテストの点数がよくないこと」は、当塾にとって全くどうでもいいことだからです。「今まで」は問いません。「これから」頑張る人でいて下さい。大事なのは「過去の成績・実績」ではなく、「今」です!「過去の点数」よりも、当塾でのテストに合格するために授業の復習をキッチリして、テストに合格する。それを「今」から継続して積み上げていくことの方が100000倍大事だと考えています。

 今来てくれている生徒達も最初はキツそうにしていましたが、今では「この厳しい環境」を「ふつう」と感じ、
「学校のテストより塾でのテストの方が緊張する。学校のテストは余裕♪」
と言うほどに。やっぱり「環境」に慣れるものなんですね。ここは、ヤル気・意欲がある人にとっては、努力が毎回評価され、緊張感とともに達成感を味わいながらドンドン成長していける場所ですが、「ヤル気のない」・「嫌なことから逃げようとする」人にとっては、厳しい・キツイ所かもしれません。

 当塾は、【「わかったつもり」をブッ飛ばせ!】を指導方針の柱として、上記のような「ランダムに出題するテスト」=サバイバルテストを活用し、努力を結果につなげて、成績を上げる勉強法を採用しています。
 「テスト勉強はちゃんとしているのに、点数がイマイチ。」という方は、ぜひ一度お問い合わせ下さいませ。

コース案内

小学部コース

小学生の方はこちらへ。

中学部コース

中学生の方はこちらへ。

高校部コース

高校生の方はこちらへ。